I Love SKYまたは「空を飛ぶ」こと。

 文明と呼ばれる全ての物事は、遥か昔に類人猿から袂を別つ勇気を振り絞った一人(一匹!?)が、並はずれた好奇心と探究心と向上心を持って踏み出した、一歩の成果の積み重ねであることに間違いはない。

  それを光明と見るか宿痾と見るかに意味は無い。過ちを正し進むべき方向を考える事に意義はあっても、その全てを否定することは既に不可能だから…。

 気の遠くなるような長い時間を掛けた探究心が、恒常的に「空を飛ぶ」こととして実を結んだのは、18世紀以降のジョージ・ケイリー、オットー・リリエンタール、ライト兄弟によってたどり着いた20世紀初頭1903年12月17日の事だ。その後わずか100年余の時間で身近な市井にまで広がった「空を飛ぶ」ことが、この国では深刻な衰退に脅かされている。

 産業を経済原理によってのみ成り立つと考えるのは、現代社会の犯した大きな誤りの一つだ。何のために作るのかと思う心が切実でなければ、モノやサービスを作る事にそもそも意味は無い。 

 この国に極めて重要な「航空宇宙産業」を停滞させない為にも、雲や鳥を羨望の眼差しで見上げた遠い祖先の志を受け継ぐために、空への想いを下支えする文化としての「スポーツ航空」底辺拡大が今こそ必要だ。


 

ミルトマップ木工房

心やさしき、人々へ~。 あなたの椅子とテーブルを、ミルトの森から~。 あなたの夢を、新篠津の空から~。

0コメント

  • 1000 / 1000