気が付くと満開に、一人花見を満喫。

コロナ騒ぎで影を潜める「桜」の話題ですが、下界にやや遅れて美流渡の山奥でも、ほぼ満開になりました。ここでは、毎年「一人花見」が当たり前…。

忙しくて、家の周りさえ見ていなかった所為だろうか。それとも、昨日の急な気温上昇が目覚めさせたのだろうか。よく分からないが、今日気が付くと窓から見える景色が一変していた。

よく見ると、色や花ビラの形に微妙な違いがある。一括りに「蝦夷山桜」などと言ってしまうが、詳しい人からは笑われそう…。

ミルトマップ木工房

心やさしき、人々へ~。 あなたの椅子とテーブルを、ミルトの森から~。 あなたの夢を、新篠津の空から~。

0コメント

  • 1000 / 1000